アルザスのこちら側

一般言語学を専攻し、学位はとったはいいがあとが続かず、ドイツの片隅の大学のさらに片隅でヒステリーを起こしているヘタレ非常勤講師が人を食ったような記事を無責任にガーガー書きなぐっています。それで「人食いアヒルの子」と名のっております。 どうぞよろしくお願いします。

カテゴリ:言語学 > スラブ語学

 前にも書いたように大学では第二副専攻が南スラブ語学、具体的にはクロアチア語だった。それを言うと友人はたいてい「何だよそりゃ?」といぶかるが、人に言われるまでもなく、自分で専攻しておきながら自分でも「何だよこりゃ?」と思いながらやっていた。実は別にクロアチア語が特にやりたかったから第二副専攻にしたのではないのだ。

 人には大抵「専攻はロシア語です」、と言っているが、正確には私の専攻は「東スラブ語学」である。つまり本来ならば「ロシア語、ベラルーシ語(昔でいうところの白ロシア語)、ウクライナ語ができるが、その中でも主としてやったのがロシア語」ということだ。主としてやったも何も私はロシア語しかできない(そのロシア語も実をいうとあまりできない)。が、その際こちらでは規則があって、東スラブ語学を専攻する者は、その「主にやった」東スラブ語派の言語(例えばロシア語)のほかにもう一つスラブ語派の言語、それも東スラブ語以外、つまり西スラブ語派か南スラブ語派の言語の単位が必要だった。これを「必修第二スラブ語」と言った。

 気の利いた学生はドイツで利用価値の高い西スラブ語派の言語(ポーランド語、チェコ語、スロバキア語、上ソルブ語、下ソルブ語のどれか)をやったし、ロシア語のネイティブならば南スラブ語派でもブルガリア語を勉強したがる人が多かった。ブルガリア語は中世ロシアの書き言葉だった古教会スラブ語の直系の子孫だからロシア人には入っていきやすいからだろう。私のいたM大学には南スラブ語派のクロアチア語しか開講されていなかったのだが、当時隣のH大で単位をとればM大でも第二スラブ語の単位として認められたから、大学の規模も大きく選択肢の広いH大にポーランド語やブルガリア語をやりにでかけて行く学生が結構いた。が、私は残念ながら当時子供がまだ小さかったので、家を長い間空けられず外部の大学に出て行けなかったためと、まあ要するにメンド臭かったのでそのままM大でクロアチア語をやったのだ。
404px-Triod'_cvetnaja
古教会スラブ語のテキスト。古教会スラブ語は「古ブルガリア語」と呼ばれることもある。ロシア語を大学で専攻する者は(日本でも)必ずこれをやらされる(はずだ)。 

 そこで考えた。どうせ選択肢がクロアチア語しかないとすれば必修第二スラブ語の単位取りのためだけにやるのももったいない、この際皿まで毒を食ってやれ、と。それでクロアチア語を単なる第二スラブ語としてではなく「第二副専攻」として、もうちょっと先まで深く(でもないが)勉強することにしたのだ。
 ちなみにクロアチア語、つまり南スラブ語学を主専攻や副専攻としてやる者はこちらはこちらでまた「必修第二スラブ語」、つまり今度は南スラブ語派以外のスラブ語族の一言語の単位が必要になるわけだが、ここでは東スラブ語派のロシア語を取る者が大多数、というかほぼ全員だった。私は主専攻としてすでにロシア語をやっていたからこれが「クロアチア語専攻者にとっての第二スラブ語」の機能も兼ねていて一石二鳥ではあった。
 念のため繰り返すと「副専攻南スラブ語学」というのも本来「主要言語がクロアチア語」という意味、つまり「ブルガリア語、マケドニア語、クロアチア語、セルビア語、ボスニア語、スロベニア語ができるがその中でも主としてやったのはクロアチア語」ということだ。際限がない。これがまた下手にロシア語と似ているからもう大変だった。

 例えばロシア語のтрудный(トゥルードヌィ)は「難しい」という意味だが、これと語源が同じのクロアチア語trudan(トゥルダン)は「疲れている」だ。一度「クロアチア語は難しい」と言おうとして「クロアチア語は疲れている」と言ってしまったことがある。
 でも「言葉」という言葉はクロアチア語でもロシア語でも男性名詞だからまだよかった。この形容詞trudanが女性名詞にかかって女性形trudna(トゥルドナ)になると「妊娠している」という意味になってしまう。ドイツ語などでは「言葉」という言葉(Sprache)は女性名詞だからドイツ語でだったらクロアチア語という言葉は妊娠できるのだ。
 ついでだが、クロアチア語で「難しい」はtežak(テジャク)である。

 また、ロシア語でживот(ジヴォート)と言ったら第一に「腹」の意味だが、これに対応するクロアチア語のživot(ジヴォト)は「人生・命」。ロシア語でもживотに「命」の意味がないことはないのだが、すでに古語化していて、「人生・命」は現代ロシア語では大抵жизнь(ジーズニ)で表現する。で、私は一度「人生への深刻な打撃」と書いてあるクロアチア語のテキストを「腹に一発強烈なパンチ」と訳してしまい、高尚なクロアチア文学に対する不敬罪で銃殺されそうになったことがある(嘘)。

 もっとも西スラブ語派の言語、例えばポーランド語も油断が出来ない。ポーランド語では「町」をmiasto(ミャスト)というがこれは一目瞭然ロシア語のместо(ミェスタ)、クロアチア語のmjesto(ミェスト)と同源。しかしこれらместоあるいはmjestoは「場所」という意味だ。そしてむしろこちらの方がスラブ語本来の意義なのである。「町」を意味するスラブ語本来の言葉がまだポーランド語に残ってはいるが、そのgród(グルート)という言葉は古語化しているそうだ。ところがロシア語やクロアチア語ではこれと語源を同じくする語がまだ現役で、それぞれгород(ゴーラト)、grad(グラート)と「町」の意味で使われている。
 しかもややこしいことに「場所」を表すスラブ本来の言葉のほうもポーランド語にはちゃんと存在し、「場所」はmiejsce(ミェイスツェ)。これもロシア語のместо、クロアチア語のmjestoと同源で、つまりポーランド語の中では語源が同じ一つの言葉がmiasto、miejsceと二つの違った単語に分れてダブっているわけだ。

 私は最初「町」と「場所」がひとつの単語で表されているのが意外で、これは西スラブ民族の特色なのかと思っていたのだが、調べてみると、「町」のmiastoはどうも中世にポーランド語がチェコ語から取り入れたらしい。なるほど道理で「場所」を表す本来のスラブ語起源のポーランド語miejsceと「町」のmiastoは形がズレているはずだ。が、そのチェコ語の「町」(město、ミェスト)ももともとは中高ドイツ語のstattを直訳(いわゆる借用翻訳)したのが始まりとのことだ。これは現在のドイツ語のStadt(シュタット、「都市」)の古形だが、中高ドイツ語では(つまり12世紀ごろか)「場所」とか「位置」とかいう意味だったそうだ。動詞stehen(シュテーエン、「立つ」)の語幹もこれ。中世には都市とは城壁で囲まれているものであったのが、しだいに城壁がなく、その代わり中央に教会だろなんだろ中心となるものが「立っている場所」が都市となっていった。言葉もそれにつれて意味変遷し、「場所」から「都市」に意味変換が起こりつつあった頃、チェコ語がそれを正直に写し取った。そこからさらにポーランド語が受け取り、調べてみると東スラブ語派のウクライナ語もそのまたポーランド語から借用したらしく、「町」は」місто(ミスト)である。そして「場所」はМісце(ミスツェ)だから、ここでも語彙が二重構造になっているわけだ。

 灯台下暗し、「町」あるいは「都市」と「場所」をいっしょにしていたのはドイツ語のほうだったのである。


この記事は身の程知らずにもランキングに参加しています(汗)。
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

注意:この記事はGoogle Chromeで見るとレイアウトが崩れてしまいます。私は回し者ではありませんが、できればMozilla Firefoxをお使いください

 以前日本語茨城方言のインフォーマントの方からとても興味深い話を聞いた。 そこの方言では「行く」を「いんべ」、「居る」を「いっぺ」というそうだ。 なぜ「行く」が「ん」で、「居る」が「っ」になるのか、言い換えると/ik-u/、つまり/k/は「ん」になり/ir-u/、つまり/r/は「っ」になるのか。もちろん音声学・音韻論、つまり歴史言語学の面からの説明が出来るだろうが、それより面白かったのはこのインフォーマント自身はこれを次のように説明していたことだ: 「行く」を「いっぺ」と言ってしまうと「居っぺ」と区別が付かなくなるので「いんべ」と言う。

 たしか言語地理学者J.ジリエロンだったと思うが、1912年の著書で提唱した「同音衝突の回避」という現象の一種とみなしていいのではないか。ある言語内で、歴史的音韻変化等によって本来別の単語が同じ発音になってしまう場合、その衝突を避けるため1.一方の単語がもう一方の単語に追われて言語内から消滅するか、2.片方の単語の形を無理矢理かえて両単語の形が同じにならないようにされることがよくあるのだ。

 このインフォーマントはさらに「茨城方言はアクセントが弁別的機能を持たないので、そのままでは「駆ける」あるいは「書ける」と「欠ける」を区別する事が出来ず、「欠ける」を「おっかける」と、接頭辞つきで言う」と報告しているが、これなどもまさにそれかと思うのだが。

 確証などは全くできていない単なる思い付きだが、実は私はしばらく前からロシア語の不完了体動詞покупать(パクパーチ、「買う」)もこの同音衝突の回避から生じたのではないかと疑っている。『16.一寸の虫にも五分の魂』の項でも書いたようにロシア語は動詞がペア体系をなしているが、この不完了体動詞покупатьの完了体のパートナーはкупить(クピーチ)だ。こういうペアの形ははちょっと特殊で、あれっと思った。普通なら完了体動詞のほうが接頭辞つきの形をとっていて不完了体動詞のほうはむしろ丸腰の場合が多いからだ。例外的に不完了体動詞に接頭辞がついている場合はほぼ例外なく完了体のパートナーのほうにも同じ接頭辞がついている。不完了体・完了体どちらも丸腰のペアも多いが、ここでのпокупать対купитьの例のように不完了体にだけ接頭辞がついているペアを私は他に知らない。理屈から言えば、不完了体покупать(パクパーチ)は本来купать(クパーチ)とかいう形になるはずなのだ。なぜここで唐突に頭にпо-がつくのか。これはロシア語内にすでに不完了体のкупать(クパーチ、「水浴する」)という別動詞が存在し、それと混同される恐れがあるからだと思う。 つまり同音衝突を避けるために「買う」のほうに接頭辞がついたのではないだろうか、と思ったので調べてみた。

 他のスラブ語を見て見ると、「買う」のпокупатьと「水浴び(入浴)させる・する」のкупатьとは形が絶妙に「ちょっとだけ」違っていて、同音衝突が巧みに避けられている様子がよく分かる。 「買う」と「入浴・水浴び」はスラブ諸語では次のようになった。左側が不完了体、右側が完了体動詞である。

クロアチア語
kupati (se) - okupati (se)  (水浴び(入浴)させる・する)
kupovati - kupiti     (買う)

ポーランド語
kąpać (się) - skąpać (się) (水浴び(入浴)させる・する)
kupować – kupić     (買う)

ベラルーシ語
купаць(-цца) - выкупаць(-цца), пакупацца  (水浴び(入浴)させる・する)
купляць, пакупаць - купiць          (買う)

ウクライナ語
купати(ся) - викупати(ся),  скупати(ся) (水浴び(入浴)させる・する)
купувати - купити            (買う)

ロシア語
купать – выкупать(ся), искупать(ся) (水浴び(入浴)させる・する)
покупать - купить           (買う)

 アスペクトのペアは、普通は不完了体のほうが基本形で、そこに接頭辞をつけたりして完了体動詞を形成するパターンが多い。例えば不完了体писать(ピサーチ、「書く」)対 完了体написать(ピサーチ)など。それでもその逆、つまり完了体のほうをもとにしてそこから不完了体形を導き出すことも決してまれではない。これを二次的不完了体形成というが、なぜ「二次的」なのかというと、この場合は完了体動詞にすでに接頭辞がついている場合が大半だからだ。なので不完了体のパートナー形成は接頭辞をくっつけるのではなく動詞本体のほうの形を変えて行なう。それには3つやりかたがあって、1. 動詞の語幹に-ва-、-ова-又は-ива-を挿入する、2.語幹の母音и(i)をа(a)に変える、3.母音をaに変えた上さらに子音を変える。
 例えば完了体признать (プリズナーチ、「承認する」)対不完了体признавать(プリズナヴァーチ)が1の例、完了体решить(リェシーチ、「決める」)対不完了体решать(リェシャーチ)が2、完了体осветить(オスヴェチーチ、「明るくする」)対不完了体освещать(オスヴェッシャーチ)が3の例だ。
 
 そこで上のスラブ諸語をみると、その3種の不完了体構築方法と接頭辞による完了体形成が全部そろい踏みしているのがわかるだろう。クロアチア語、ポーランド語、ウクライナ語の「買う」が1、ベラルーシ語の「買う」が3、そしてロシア語の「買う」は(本来)2の例、「入浴する」は不完了体のほうはどの言語も同じなのに、完了体についている接頭辞そのものは言語ごとにバラバラだ。完了体のほうがが不完了体を基礎にして二次的に形成されたと見て取れる。大まかに言ってクロアチア語がo、ポーランド語の接頭辞がs-、ベラルーシ語、ウクライナ語、そしてロシア語はвы(vy)あるいはви(vi)なのだが、その東スラブ語間にも細かい部分に違いがある。ロシア語はвы-とис-の2種の接頭辞がペアと見なされるが、выкупать(ся)(ヴィクパーチ)のほうはちょっと注意を要して、アクセントの位置がвы(ヴィ)に来るвыкупать(ся)とпа(パ)に来るвыкупать(ся)は意味が全く違い、前者が「入浴」、паにアクセントが来ると「補償する」という別単語だ。ウクライナ語のвикупати(ся)も同様で頭のвиにアクセントを置かないと意味が違ってきてしまうから頭が混乱する。
 
 さらにウクライナ語の接頭辞с(s)は「買う」のほうにもくっついてскупити(スクピーチ、「買い占める」)という語を作る。「水浴び」のскупати(スクパーチ)とたった一字違いだ。ポーランド語にもこのs-が登場する。

 が、それより面白いのがベラルーシ語で、ロシア語のпокупать(パクパーチ)と音韻的に対応するпакупаць (パクパーチ)という語が存在し、「買う」を意味する。つまり不完了体ではкупляць(クプリャーチ) とダブっているわけだ。ところがこのпакупаць に再帰形態素ца(ツァ)がついた形пакупацца (パクパーッツァ)は完了体で「入浴」を意味する。辞書によってはцаなしのпакупаць も「入浴」で載っているものがあった。想像するにベラルーシ語のпакупацьを「買う」の不完了体の意味で使うのは新しい用法で、ロシア語の影響なのではないだろうか。本来пакупацьは接頭辞のついた完了体、それも入浴のほうの意味だったのではないだろうか。そのためか、ウクライナ語の辞書にもпокупатися(パクパチーシャ)という動詞はロシア語のвыкупать(ся)(ヴィクパーチ(シャ))と同じである、と説明しているものがあった。つまり「入浴」なのである。

 調べれば調べるほどますます「入浴・水浴」と「お買いもの」がごっちゃになって底無し状態になったのでこちらも嫌気がさしてきたためこの辺で止めさせてもらうが、それでもこの二つを少しでも明確に区別しようというスラブ語たちの必死の努力がいじらしい。
 最後に感想を一言。東スラブ諸語でも南スラブ語のクロアチア語でも現在は「水浴」のкупать(クパーチ)あるいはkupatiと「買う」のкупить(クピーチ)あるいはkupitiでは第一シラブルの母音は両方uとなっているが、ポーランド語でここがą、鼻音のoとなっているのを見れば、実はこれは本来は母音が違い、「水浴」のほうは元はuでなく鼻母音のoだったのではないかと思われてくる。実際ロシア語のмудрость(mudrost'、「知恵」)はポーランド語でmądrośćであり、ロシア語の口母音uとポーランド語の鼻母音oがここでもきれいに対応している。古教会スラブ語で「知恵」は現代ポーランド語と同じく鼻母音のoだったのだ。言い換えるとこれらは現在は混同されそうなくらい似た形だが、もとは混同される心配などない、違った形をしていたのではなかろうか。スラブ祖語の鼻母音oが東スラブ・南スラブ諸語では言語変遷の過程でuになり、真正のuと区別がつかなくなってしまったために話がややこしくなってしまったのだろう。
 「人生は蜘蛛の巣のようだ。どこに触れても全体が揺れる」という言葉があるが、これは言語についても言えそうだ。小さな音韻変化が全体に大騒ぎを起こすのである。


この記事は身の程知らずにもランキングに参加しています(汗)。
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

注意:この記事はGoogle Chromeで見るとレイアウトが崩れてしまいます。私は回し者ではありませんが、できればMozilla Firefoxをお使いください

 何気なく17世紀の初頭に書かれたロドリゲスの『日本語小文典』(もちろん翻訳をだ。そんな古い、しかもポルトガル語の原本なんか読めるわけがない)を見ていたら、ちょっと面白いことに気付いた。「お」と「を」を区別せずにどちらもvo、「う」を単に v と、v を使って表記してあるのだ。 例えば「織物」をvorimono、「己」をvonore、丁寧語の「御」がvo、「馬」がvma、「訴え」がvttaeだ。
 これは日本語の音が当時そうなっていたというより、単なる表記の仕方の問題だろうが、東スラブ諸語では実際にv音が語頭に付加される(これをprothetic v という)から面白い。これが本当の「サインはV」だ。(今時「サインはV」などというギャグを飛ばすと年がバレる、といいたいところだが、年がバレるも何もそもそももう誰もこんなTVシリーズなど知らないだろうから単に素通りされる可能性のほうが高いと思う)。

 例えばロシア語の川の名前Волга(ヴォルガ)はもともとスカンジナヴィア系のОлга(オルガ)という名前だったのにв (v)が語頭付加されたものだ、と聞いたことがある。また、トゥルゲーネフのНесчастливая(『不しあわせな女』)という小説にвотчим(ヴォートチム、「義父」)という単語が出てくるが、これは辞書に出ている普通の形はотчим(オートチム)。これなど明らかにprothetic  v だろう。

 ベラルーシ語などはこのprothesis(語頭音付加)が体系的に現れて、語頭の後舌円唇母音にアクセントがあった場合は в (v) が規則的に付加される。例を挙げると

ベラルーシ語 - ロシア語
вока - око (目)
востры - острый (鋭い)
вуліца - улица (通り)
вуха - ухо (耳)

ベラルーシ語では対応するロシア語の単語に対して語頭に в (v) が立っていることがわかるだろう。なお、око (オーコ、目)という語はロシア語では古語化していて現代語で普通に目を意味するときはглаза(グラザー)という語を使う。もっとも歌の文句などちょっと文学的なニュアンスにしたいときは古語のоко を使うことがある。例えば『バルカンの星の下で』という歌があったが、その第一行目が

Где ж вы, где ж вы, очи карие
あなたはいずこ、あなたはいずこ、茶色の瞳(の人)よ

という歌詞だった。очи(オーチ)というのはоко(オーコ)の複数形である。

 後舌円唇母音が語頭にたってもアクセントがなければ в(v) が付加されないのが本来なのだが例外的にアクセントのない語頭の円唇母音にprothesic v が現れることがある。
 例えばвусаты (ヴサーティ、「髭の(ある)」)という単語はアクセントのある母音はа (a)であってу (u)ではないから、本当は в なしのусаты(ウサーティ)になるはずなのだ。それなのになぜここで в が付加されているのか。この形容詞の語幹となった名詞のвус(ヴース、ロシア語のус、ウースに対応)にすでに в が付着している、つまり元の語がすでに в 付きなので、そこから派生した語から今更 в を取り払うことができないからだ。
 
 さらにロシア語に対するベラルーシ語の特徴として次のようなものがある。ロシア語ではr音に口蓋音・非口蓋音、俗に言う軟音・硬音の2種類あるが、ベラルーシ語ではrに口蓋・非口蓋の弁別的対立が失われて硬音の r しかないのだ。だからロシア語では口蓋化している r(р)で発音する

Я говорю. (ヤー・ガヴァリュー、私は話す)

はベラルーシ語では

Я гавару. (ヤー・ハヴァルー

となる。私はロシア語の有声軟口蓋閉鎖音、つまり г (g)はベラルーシ語では有声軟口蓋摩擦音、国際音声字母IPAで[γ]になる、と教わったが、実際の発音を聞かせてもらった限りでは無声軟口蓋摩擦音[x]、あるいは無声喉頭摩擦音[h]にしか聞こえなかった。内心「あれ?」と思っていたら、いつだったかオリンピックでベラルーシの選手にOlhaという名前の人を見た。これは明らかにロシア語のОльга(オーリガ)だ。ロシア語のgがベラルーシ語の英語表記ではhになっている、ということはつまりベラルーシ語の г は英語話者にも h に聞こえる、ということで特に私の耳が悪いからでもないと思う。

 目のいい人はさらにお気づきになったかもしれないが、ベラルーシ語はいわゆるаканье(アーカニエ、『26.その一日が死を招く』の項参照)を律儀に文字化する。アーカニエとはロシア語でアクセントのない o が a と発音される現象のことだが、発音は a でも文字では o と表記する。上のロシア語говорюが、「ゴヴォリュー」でなく「ガヴァリュー」と発音されるのはそのせいだ。もっともoが弱化して出来た「あ」はロシア語ではクリアに[a]とは発音せず、強勢のあるシラブルの直前では[ʌ]、それ以外では[ə]となるのだが、ベラルーシ語ではきちんと[a]で発音されると聞いた。ただし自分の耳で確認はしていない。

 で、ベラルーシ語だとアクセントのない o は発音どおり a と書く。だから上のгавару では母音が発音どおり а になっているのだ。вокаとかвухаとかいう綴りはロシア語だと間違いだが、ベラルーシ語では正書法通りである。書き間違いではない。まあ、覚えやすいと言えばこちらの方が覚えやすいが、私は「ここは а だったっけか、о だったっけか」と年中わからなくなる学習者泣かせのロシア語の綴りの方が味があると思う。 

 あと、ベラルーシ語では /w/ と /l/ の交代が見られる。 ロシア語と比べてみるとさらに面白い。ベラルーシ語の /w/ はロシア語の /l/ だけでなく/ v/、/v'/、/u/ とも交代するのだ。まさに七変化だ。下に例を挙げるが「ベ」がベラルーシ語、「ロ」がロシア語だ。 

/w/ (ў) 対 /v/ (в)
леў (ベ「ライオン」単数・主格)        対  льва(ベ、単数・生格)、лев (ロ)
з давён-даўна (ベ、「もう長い間」) 対  давно (ロ)

/w/ (ў) 対 /v'/ (вь)
любоў (ベ、「愛」単数・主格)  対 любовi (ベ、単数・生格)、любовь(ロ)
кроў (ベ、「血」 単数・主格) 対 кравi (ベ、単数・生格)、кровь(ロ)

/w/ (ў) 対 /l/ (л)
быў (ベ、「~であった」男性・単数) 対 была  (ベ、女性・単数)、был(ロ)

/w/ (ў) 対  /u/ (у)
паехаў ён у чыстае поле(ベ、「彼は広い野原に出て行った」)

паехаў Iлля ў Кiеў         (ベ、「イリヤはキエフに出発した」)
поехол Илья в Киев      (ロ、「イリヤはキエフに出発した」)

 ベラルーシ語ではロシア語の前置詞вは基本уになる(下から3番目の例паехаў ён у чыстае полеと一番下の例поехол Илья в Киевを比較)。ところが、この前置詞が母音の後に来る場合は ў (w) になるのだ(下から二番目の例文と比較)。

 そういえばもう20年近く前、ドイツ語の授業で「人食いアヒルの子さんの als は aus に聞こえる」と発音を直されたことがあって、l と u という組み合わせに意外な気がしたのを覚えている。l と u は他の言語でも交代しやすいのかもしれない。
 もっとも l は o とも交替しやすそうだ。セルビアの首都はBeogradともBelgradとも言う。さらにロシア語のбыл (「~だった」、男性単数形)はセルビア語(あるいはクロアチア語)では bio で、ここでも l と o が対応している。

 実は面白いことにベラルーシ語にはprothetic i (語頭音付加のi)がある。トルコ語などにもこれがある。イスタンブールの「イ」は後から付加された母音で、これは本来「スタンブル」だったそうだ。

iзноў (ベ、「もう一度」) 対 снова (ロ)
iржа  (ベ、「錆」)            対 ржа (ロ)
iмгла (ベ、「靄」)           対 мгла (ロ)

 さて、アザレンカというテニスの選手がいるが、この人はベラルーシ出身だ。ウィキペディアにあるこの名前の原語ベラルーシ語バージョンとロシア語バージョンを比べてみると次のようになるが、この短い名前の中に今まで述べてきたロシア語とベラルーシ語の重要な音韻対応のうち3つもを見ることが出来る。

ベラルーシ語
Вікторыя Фёдараўна Азаранка
ロシア語
Виктория Фёдоровна Азаренко

 1.ロシア語の、歯と下唇による有声摩擦音 в がベラルーシ語では特定の環境では摩擦性が弱まり半母音ўとなる。それでベラルーシ語のФёдараўна(フョードラウナ)はロシア語ではФёдоровна(フョードロヴナ、正確にはフョードラヴナ)。

2.ベラルーシ語ではロシア語と違い р (r) に口蓋・非口蓋の音韻対立がないので ри(ri) は ры (ry) となる。ロシア語バージョンの ре (re) がベラルーシ語で ра(ra) と書いてあるのもここの р (r) が口蓋音ではない、つまり硬音だからだ。

3.ベラルーシ語ではアーカニエを文字化するのでФёдараўна Азаранкаと、母音が全部 a で書いてある。

 こういう風に、教科書など話にだけしか聞いたことのなかった事柄の実際例に遭遇すると嬉しくなってしまうのは私だけではあるまい。


この記事は身の程知らずにもランキングに参加しています(汗)。
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

注意:この記事はGoogle Chromeで見るとレイアウトが崩れてしまいます。私は回し者ではありませんが、できればMozilla Firefoxをお使いください

 ドイツは1998年にEUのヨーロッパ地方言語・少数言語憲章を批准・署名しているので、国内の少数言語を保護する義務があり、低地ザクセン語、デンマーク語、フリジア語、ロマ二語、ソルブ語が少数言語として正式に認められている。特にソルブ語は、公式に法廷言語として承認されている。裁判所構成法(Gerichtsverfassungsgesetz)第184条にこうある。

Die Gerichtssprache ist deutsch. Das Recht der Sorben, in den Heimatkreisen der sorbischen Bevölkerung vor Gericht sorbisch zu sprechen, ist gewährleistet.

法廷言語はドイツ語とする。ソルブ人の住民にはその居住する郡の法廷においてソルブ語を使用する権利が保障される。

 法廷言語は公用語とイコールではないが、ソルブ人はもとから自分達の住んでいる地域で自分達の言葉を使って裁判ができるのだからこれは「準公用語」的ステータスではないだろうか。日本のどこかにアイヌ語で裁判をする権利が認められている地方があるだろうか? さらに、現在ザクセン州の知事をしているのはドイツ人ではなく、ソルブ人のスタニスラフ・ティリッヒという政治家だ。「スタニスラフ」という名前は典型的に非ドイツ語形。これを日本で言うと、北海道の一部でアイヌ語で裁判が行え、アイヌ語名の仮名表記で戸籍に登録でき、例えば「ゲンダーヌ」という名前のまま立候補したアイヌ人が北海道の知事になったようなものだ。
 ソルブ語はドイツ語とは全く違う西スラブ語系統の言葉でポーランド語に近い。さらに厳密に言うと下ソルブ語と上ソルブ語の2言語だ。

 これはあくまで自己反省だが、大学でドイツ語、ドイツ文化、あるいはドイツの政治や歴史を勉強しました、といいながらこのソルブ語の存在を知らない人がいる。「ソルブ語なんてドイツ語・ドイツ文化はもちろんドイツの歴史とは関係ないんだからいいじゃないか」と言うかも知れないが、私はそうは思わない。
 「私は日本のことを大学で勉強しました」と言っている外国人がアイヌの存在を知らなかったら、その人の「日本学専攻者」としての知識・能力に対して一抹の不安を抱くのではないだろうか。「ドイツの言葉や文化・歴史を勉強しました。でもソルブ語って何ですか?」と聞く人はそれと同じレベルだと思う。繰り返すが、これは自己反省である。私もソルブ語のことを教わったのはスラブ語学の千野栄一氏の本でなのだから。そもそもいまだに西スラブ語が一言語も出来ない私がエラそうなことを言えた義理ではないのだ。

 そのソルブ語のことをそれこそお義理にちょっと(だけ)調べてみた。
 
 まず「窓」という単語。上下ソルブ語共にwoknoである。『33.サインはV』の項に書いたベラルーシ語と同様prothetic v (wまたはв)が現れているではないか。これはロシア語ではокно(okno)だ。そう知るとベラルーシ語以外の東スラブ語、要するにウクライナ語が気になりだした。いくつか単語を検索してみたので比べてみて欲しい。左がロシア語、真ん中がベラルーシ語、右がウクライナ語だ。

「秋」: осень    - восень  -  осiнь
「火」: огонь     - агонь    -  вогонь
「8」: восемь    - восемь -  вiсiм
「窓」: окно    - акно   -  вiкно
「髭」: ус        - вус     -  вуса
「目」: око (古語) -    вока     -  око

つまりベラルーシ語とウクライナ語では prothetic v の現れ方がバラバラ微妙に違っているのだ。「秋」「目」対「火」「窓」を比べてみると、v の現れ方がベラルーシ語とウクライナ語でちょうど逆になっているのがわかる。
 さらに「8」には全東スラブ諸語共通で v が語頭添加されているのに、南スラブ語のクロアチア語では添加されない。

「秋」: jesen
「火」: oganj
「8」: osam
「窓」: prozor
「髭」: brada, brk, brkovi
「目」: oko

「窓」「髭」はクロアチア語は別系統の語を使うようだが、「火」「8」「目」には v が転化されていないのが見て取れる。
 そういえばウクライナ語対ロシア語・ベラルーシ語では「8」と「窓」という単語内で /i/ 対 /o/ と音韻交替している。これに対応してハルキウ(Харкiв)というウクライナの都市のロシア語名がハリコフ(Харьков)だ。

 西スラブ諸語にもどるが、下でソルブ語とポーランド語を比較してみた。左がソルブ語(左のそのまた左が上ソルブ、右が下ソルブ語)、右がポーランド語だ。

「秋」: nazyma / nazyma  -  jesień
「火」: woheń / wogeń   -  ogień
「8」: wosom / wósym    -  osiem
「窓」: wokno / wokno   -  okno
「髭」: wusy / borda    -  wąs
「目」: woko / woko    -  oko

「秋」は上下ソルブ語とも別系統の語だ。「髭」も下ソルブ語では(borda) 上のクロアチア語と同系統の語で、上ソルブ語と語彙そのものが違うように見えるが、実はborda系の単語は上ソルブ語でも使うそうだ。言い換えると wusy か borda かは言語の違いというより髭の種類の違いのようで、前者は顎鬚を指し、髭全般を意味するのはむしろ後者のようだ。 もしかしたらクロアチア語にも下ソルブ語にも ус、 вус あるいは wusy 系統の単語が存在するのかもしれないが、小さな辞書には出ていなかった。
 いずれにせよ、prothetic v を売り物にするベラルーシ語よりむしろソルブ語の方がきれいに v が現れている。

 ついでに隣のバルト語派のリトアニア語は以下の通りだ。

「秋」: ruduo
「火」: ugnis
「8」: aštuoni
「窓」: langas
「髭」: ūsai
「目」:akis

さすがバルト語派。スラブ語派と形が近い。ちょっとネイティブ・スピーカーに聞いてみたら、「髭」には他にbarzdaというborda系の言葉もあるらしい。ちなみに「火」という意味のugnis、oganj, огонь等、皆ラテン語の ignis と同源だ。aštuoni なんて単語、見るからに古い印欧語の形を反映していそうな趣でゾクゾクする。興味は引かれるのだが、リトアニア語というのはアクセント体系が地獄的に難しいそうなので今生ではパスすることにして、次回生まれ変わった時にでも勉強しようと思っている。


この記事は身の程知らずにもランキングに参加しています(汗)。
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 ポーランド語で「本」をksięga(クションガ)と言うと知って驚いた。これはロシア語のкнига(クニーガ)にあたるはず。この語の語源自体はどうも印欧語起源ではないようだが、南スラブ語のクロアチア語でもknjiga(クニーガ)だし、確かバルト語のリトアニア語もknigaだったはずだ(多分スラブ語から借用だろう)。下ソルブ語か上ソルブ語かわからないが、とにかくソルブ語ではkniha。つまりポーランド語は他のスラブ語の/n/を/s/で対応させているわけか。

 一瞬ギョッとする音韻対応というのは結構見かけるが、これは初耳だ。
 例えばケルト諸語をいわゆるp-ケルトとq-ケルトのグループに分ける /p/ 対 /k/ の音韻対立など最初ワケがわからなかった。「4」を古アイルランド語ではcethirとkで発音したが、古ウェールズ語ではpetquar、ブルトン語ではpevarで、この k と p は昔同じ音だったのだ。k と p が同じ音だったなんて馬鹿なことがあるか、全然違う音じゃないかと思ったら、この元の音というのが唇の丸めを伴う k、「くゎ」だったのだそうだ、で、「4」はもと*kwetwer-(または*kwetur, *kwetṛ)。q-ケルトグループではこの唇の丸めがとれて単なるkになってしまったのに対し、p-ケルトでは唇の丸めのほうがどんどん強化されてついに調音点そのものが唇にうつってしまったというわけだ。完全につじつまが取れているのでまた驚いた。
 またアルバニア語をゲグ方言とトスク方言という2大グループに分ける/r/対/n/という対立もある。アルバニア語の祖語で *-n だった音がゲグ方言では -n のまま残った一方、アルバニア語の標準語となったトスク方言ではロータシズムを起こして-rとなった。で、トスク方言のemër(名前)dimër(冬)はゲグ方言ではそれぞれêmënとdimën

 /n/ 対 /s/ というのも相当なツワ者ではなかろうか。
 他の印欧語内でこういう音韻対立がみられる言語はあるのかどうかちょっと調べて見たのだが、どの本を見ても「印欧語の/n/、[n] は非常に安定した音であり、大抵の言語でそのまま保たれている」とある。保たれていないではないか。
 さらにこれが「本」だけの現象でない証拠に、ロシア語のкнязь(クニャージ、「公爵」)、さらにその語源のスラブ祖語kъnędzьに対応するポーランド語もしっかりksiądz(司祭)とsが現れている。 
  ちなみにこのポーランド語のksiądzはロシア語でксёндзという語として借用され、「カトリック神父」の意味で使われている。つまりロシア語には元々kъnędzьという同一言語から発生した語に対して東スラブ語経由と西スラブ語経由の二単語が並存しているのだ。『5.類似言語の恐怖』の項で述べたポーランド語のmiasto、mejsceと同じような感じである。
 さらに聞いて驚くなという話になるが、 「巣」、ロシア語のгнездоは私の計算としてはポーランド語ではgzązdoになるはずなのに(ですよね?)実際に現れる形は素直にgniezdoで、なぜか /n/ がしっかり保たれている。ここの音声環境の違いは先行する子音が [+ voiced] か [- voiced] かだけだ。

 なぜだ。

 そして実はポーランド語もその他のところでは「印欧語の/n/は安定している」の原則を保持している。ロシア語のн (n) とポーランド語のnが対応しているのが見えるだろう。

ロシア語 - ポーランド語
гнилой   -  zgniły (腐った)
гнать     -  goniać (追い立てる)
гнуть     -  zginać  (曲げる)
ночь     -  noc   (夜)
внук    -  wnuk   (孫)

面白いことにzginaćの完了体動詞はzgiąćで、鼻音子音n自体は消失して[+ nasal] という素性を後続母音に残している。ą は鼻母音だ。この z は本来接頭辞だから、zgiąćは形としてはむしろロシア語のсогнутьの方に対応しているのだろうか。さらに ą は [a] でなく [ɔ] の鼻音だから、ロシア語の /u/ 対古教会スラブ語の /õ/、例えばмудрость (ロシア語、「賢さ」) 対 mõdrosti (古教会スラブ語、「賢さ」) の対応と完全に平行している(『38.トム・プライスの死』参照)。

 ついでに「雪」は

снег (ロシア語) - śnieg (ポーランド語)

だから、ポーランド語で [n] は先行子音の上に同化現象を誘発してs を[+ palatal] とさせ、ś に変化させているわけだ。

 本来ことほど左様に力の強い鼻音歯茎閉鎖音がknの時に限って、しかもポーランド語に限って ks となるのは何故なのだろうか? 気になって仕方がなかったのでポーランド語の音韻に関する本を借りてきて見た。Zdzisław Stieberという人の"A historical phonology of the Polish language"という本で、1973にハイデルベルクで出版されたものだが、モロ命中したのでちょっと紹介させてほしい。ここの50~51ページに次のような説明がある。 時々字の上についている「'」という印はその音が口蓋化されている、という意味でわざとついているのであって印刷のシミなどではない。

1.12世紀か13世紀にかけて古ポーランド語で kn' が kś に変化した。ただし*kъnęzь及び*kъnęgaの2単語に限られる。kъnęga (古教会スラブ語ではkъn'iga)の ę が鼻母音になっているのはおそらくkъnęzьからの類推。 

2.1204年にトシェブニッツァ(Trzebnica、ドイツ語ではTrebnitz、トレブニッツ)で書かれた文書ではまだKnegnichという地名が見える(現代ポーランド語ではKsięgnica)。

3.1232年の資料ではCnegkenitsと記録されていた地名が1234年にはGzenze、1298年にはXenze、1325から27年にもXenze。これは現ポーランドのKsiąż Wielkiである。

4.この音韻推移は古カシューブ語も被っていたことが、ksic (神父)という語に認められる(その単数属格形はksëzaで、ポーランド語の ę との対応がカシューブ語に特徴的)。

5.ポーランド語、カシューブ語以外ではkn' → kś という音韻推移は確認されていない。

6.一方ポーランド語内部でさえもこの推移が完全には浸透しなかったことが、1953年の「古ポーランド語辞典」にknieja(森の一部)、kniat(マリーゴールドの一種)などの語が報告されていることからもわかる。前者は14世紀の終わり、後者は15世紀に記録されたものである。

7.カシューブ語の方もknižka,、knëg、knéga、 knigaという形が最近になるまで残っていた。

8.kn' が kś に代わった原因は無声音 k の後で n' が無声化し、それに伴って音価が弱まったためであろう。ポーランド語では無声のr, m (m'), n, n', l, l' は発音が弱まるからである。

 1で述べられている「司祭」と「本」の2例を全く人の手を借りずに最初から自分で思いついた私はひょっとして言語学の才能があるのではないかと一瞬思いそうになったが、せっかくその例を思いついておきながらこれを単純にも /n/ 対 /s/ という音韻推移だと解釈したことで、そもそものスタートからハズれていたことがわかり、むしろ「私は才能がない」ことが暴露された感じ。これは /n/ 対 /s/ の対応ではなくて /kn' / 対 /ks'/、つまり口蓋化された n から口蓋化された s への推移だったのだ。もしこれが口蓋化されていない普通の -n だったらこの推移は起こらなかったかもしれない。さらにこの本の著者は私が上でわからないわからないと大仰に騒ぎ立てたgniezdoの謎もしっかりかつあっさり説明してくれている。「無声のソナント」というのが私なんかはちょっと想像を絶する。月並みな言い方だが、やはり専門家は違う。


この記事は身の程知らずにもランキングに参加しています(汗)。
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

注意:この記事はGoogle Chromeで見るとレイアウトが崩れてしまいます。私は回し者ではありませんが、できればMozilla Firefoxをお使いください

 クロアチア語は発音でえらく苦労した。

 例えばクロアチア語には /i/ という前舌狭母音、つまりロシア語でいう и しかないのに n という子音そのものには口蓋音・非口蓋音(硬音・軟音)の区別があるのだ。クロアチア語ではそれぞれ n、nj と書いてそれぞれロシア語の н と нь に対応するのだが、その後に /i/ が来たときの区別、つまり ni と nji の発音の区別が結局最後までできなかった。日本語ではどちらも「ニ」としか書きようがないのだが、ni をロシア語式に ни (ニ)と言うと「それでは nji に聞こえます」と怒られ、それではとны (ヌィ)と言うと「なんで母音のiをそんな変な風に発音するんですか?」と拒否される。「先生、ni と nji の区別が出来ません」と泣きつくと、「仕方がありませんねえ、では私がゆっくり発音してあげますからよく聞いてください」と親切に何度も両音を交互に発音してくれるのだが、私には全く同じに聞こえる。 
 さらにクロアチア語にはロシア語でいう ч に硬音と軟音の区別がある、つまり ч と чь を弁別的に区別する。これも日本語ではどちらも「チ」としか言いようがない。ロシア語では ч は口蓋音、いわゆる軟音しかないからまあ「チ」と言っていればなんとなく済むのだが、クロアチア語だと「チ」が二つあって発音し間違えると意味が変わってくるからやっかいだ。ロシア語をやった人なら、「馬鹿な、もともと軟音の ч をさらに軟音にするなんて出来るわけがないじゃないか」と言うだろうがそういう音韻組織になっているのだから仕方がない。č が ч、ć が чь だ。
 私はこの区別もとうとうできるようにならなかった。例えば Ivić というクロアチア語の苗字を発音しようとすると、講師からある時は「あなたの発音では Ivič に聞こえます。それではいけません。」と訂正され、またある時は「おお、今の発音はきれいな Ivić でした」と褒められる。でも私は全然発音し分けたつもりはないのだ。何がなんだかわからない、しまいには自分がナニしゃべっているのかさえわからなくなって来る。

 反対にクロアチア人の学生でとうとうロシア語の мы (ムィ、「私たち」)が言えずに専攻を変えてしまった人がいる。南スラブ語と東スラブ語間では皆いろいろ苦労が絶えないようだ。

 ところで、古教会スラブ語は「スラブ祖語」だと思っている人もいるが、これは違う。サンスクリットを印欧祖語と混同してはいけないのと同じ。古教会スラブ語はれっきとした南スラブ語族の言語で、ロシア語とは系統が異なる。ただ、古教会スラブ語の時代というのがスラブ諸語が分離してからあまり時間がたってない時期だったので、これをスラブ祖語とみなしてもまああまり支障は出ないが。
 東スラブ語は過去2回この南スラブ語から大波を受けた。第一回目が例のキリロス・メトディオスのころ、そして2回目がタタールのくびきが除かれて中世セルビア王国あたりからドッと文化が入ってきたときだ。
 なので、ロシア語には未だに南スラブ語起源の単語や文法組織などが、土着の東スラブ語形式と並存している。日本語内に大和言葉と漢語が並存しているようなものだ。
 さらに、南スラブ語は常に文化の進んだ先進地域の言語であったため、この南スラブ語系統の単語や形態素は土着の東スラブ語形にくらべて、高級で上品な語感を持っていたり、意味的にも機能的にも一段抽象度が高かったりする。例えば合成語の形態素として使われるのも南スラブ語起源のことが多い。日本語でも新語を形成するときは漢語を使う事が多いのと同じようなものだ。
 
 ちょっと下の例を比べてみて欲しい。оло (olo) という音連続は典型的な東スラブ語、ла(la) はそれに対応する南スラブ語要素だが、語源的には同じ語がロシア語には南スラブ語バージョンのものと東スラブ語バージョンのものが並存し、しかもその際微妙に意味が違ったり合成語に南スラブ語要素が使われているのがわかると思う。

東スラブ語起源  南スラブ語起源
голова (頭)   глава (かしら)
город (町)    Ленинград (レニングラート=レーニンの町)

 さらにいえば、ウクライナ語は昔キエフ公国の時代に東スラブ語文化の中心地だったためか、ロシア語よりも南スラブ語に対する東スラブとしての抵抗力があったと見え、ロシア語よりも典型的な東スラブ語の音韻を保持している部分がある。例えばロシア語の名前Владимир(ヴラジーミル)は南スラブ語からの外来名だ。この愛称形をВолодя(バロージャ)というがここでも上で述べた南スラブ対東スラブ語の典型的音韻対応 ла (la) 対 оло  (olo)が現れているのが見て取れるだろう。この、ロシア語ではВладимирとなっている名前はウクライナ語ではВолодимир (ヴォロジーミル)といって正式な名前のほうでも оло  という典型的東スラブ語の形を保持している。
 この、南スラブ語の la や ra がそれぞれ olo や oro になる現象をполногласие (ポルノグラーシエ、正確にはパルナグラーシエ、「充音現象」)と言って、東スラブ語の特徴である。「難しくてオロオロしてしまいそうだ」とかギャグを飛ばそうかと思ったが馬鹿にされそうなのでやめた。いずれにせよполногласие の л (l) をр (r) と間違えないことだ。

 古教会スラブ語のアクセント体系がどうなっていたかはもちろん直接記録はされていないが、現在の南スラブ語を見てみればある程度予想はつく。以下は南スラブ語の一つクロアチア語とロシア語の対応語だが、これを見ればおつむにアクセントのある上品な南スラブ語が東スラブ語ではアクセント位置がお尻に移動しているのがわかる。アクセントのあるシラブルは太字で表す。 さらに比較を容易にするため、ロシア語もローマ字で示してみた。

クロアチア語    ロシア語
rijeka         reka     (川)
jezik          jazyk    (言語、舌)
glava           golova    (頭)
gledati         gljadet‘    (見る)
govoriti        govorit‘   (話す)
gotov          gotovyj    (用意された、準備された)
tišina           tišina     (静けさ)
gospodin          gospodin   (○○さん、ミスター○○)
otac          otec    (父)
zemlja         zemlja    (土地、地球)

 この、「おつむアクセントは上品、お尻アクセントは俗語的」という感覚は人名の発音にも見られるそうだ。例えばイヴァノフ (Иванов)という名前は ва にアクセントが来る「イヴァーノフ」と но に来る「イヴァノーフ」という二種類の発音の仕方があるのだが、「イヴァーノフ」の方が上品で古風、つまりなんとなく由緒あり気な感じがするという。
 それを知ってか知らずか、神西清氏はガルシンの小説『四日間』(Четыре дня)の主人公を「イヴァーノフの旦那」と訳している。貴族の出身という設定だったので、由緒ありげな「イヴァーノフ」のほうにしたのかもしれない。「イヴァノーフ」では百姓になってしまい、「旦那」という言葉と折り合わなかったのか。
 この苗字の元になった名前「イヴァーン」(Иван)のアクセントは ва (ヴァ)にあるのだから、最初は苗字のほうもイヴァーノフだったはずだ。その後ロシア語の言語体系内でアクセントの位置がドンドン後方にずれていったので、イヴァノーフという発音が「普通」になってしまった。さらにウルサイことを言えば、この名前の南スラブ語バージョン Ivo (イーヴォ)はアクセントが「イ」に来るし、セルビア語・クロアチア語でも Ivan を I にアクセントを置いた形でイーヴァンと発音する。つまりそもそものИванという名前からしてロシア語ではすでにアクセントが後ろにずれているのだ。Ивановではその、ただでさえずれているアクセントをさらにまた後方に横流ししたわけか。もうこれ以上は退却できない最終シラブルにまで下がってきている。いわば背水の陣だ。


この記事は身の程知らずにもランキングに参加しています(汗)。
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ