ポーランド語で「本」をksięga(クションガ)と言うと知って驚いた。これはロシア語のкнига(クニーガ)にあたるはず。この語の語源自体はどうも印欧語起源ではないようだが、南スラブ語のクロアチア語でもknjiga(クニーガ)だし、確かバルト語のリトアニア語もknigaだったはずだ(多分スラブ語から借用だろう)。下ソルブ語か上ソルブ語かわからないが、とにかくソルブ語ではkniha。つまりポーランド語は他のスラブ語の/n/を/s/で対応させているわけか。

 一瞬ギョッとする音韻対応というのは結構見かけるが、これは初耳だ。
 例えばケルト諸語をいわゆるp-ケルトとq-ケルトのグループに分ける /p/ 対 /k/ の音韻対立など最初ワケがわからなかった。「4」を古アイルランド語ではcethirとkで発音したが、古ウェールズ語ではpetquar、ブルトン語ではpevarで、この k と p は昔同じ音だったのだ。k と p が同じ音だったなんて馬鹿なことがあるか、全然違う音じゃないかと思ったら、この元の音というのが唇の丸めを伴う k、「くゎ」だったのだそうだ、で、「4」はもと*kwetwer-(または*kwetur, *kwetṛ)。q-ケルトグループではこの唇の丸めがとれて単なるkになってしまったのに対し、p-ケルトでは唇の丸めのほうがどんどん強化されてついに調音点そのものが唇にうつってしまったというわけだ。完全につじつまが取れているのでまた驚いた。
 またアルバニア語をゲグ方言とトスク方言という2大グループに分ける/r/対/n/という対立もある。アルバニア語の祖語で *-n だった音がゲグ方言では -n のまま残った一方、アルバニア語の標準語となったトスク方言ではロータシズムを起こして-rとなった。で、トスク方言のemër(名前)dimër(冬)はゲグ方言ではそれぞれêmënとdimën

 /n/ 対 /s/ というのも相当なツワ者ではなかろうか。
 他の印欧語内でこういう音韻対立がみられる言語はあるのかどうかちょっと調べて見たのだが、どの本を見ても「印欧語の/n/、[n] は非常に安定した音であり、大抵の言語でそのまま保たれている」とある。保たれていないではないか。
 さらにこれが「本」だけの現象でない証拠に、ロシア語のкнязь(クニャージ、「公爵」)、さらにその語源のスラブ祖語kъnędzьに対応するポーランド語もしっかりksiądz(司祭)とsが現れている。 
  ちなみにこのポーランド語のksiądzはロシア語でксёндзという語として借用され、「カトリック神父」の意味で使われている。つまりロシア語には元々kъnędzьという同一言語から発生した語に対して東スラブ語経由と西スラブ語経由の二単語が並存しているのだ。『5.類似言語の恐怖』の項で述べたポーランド語のmiasto、mejsceと同じような感じである。
 さらに聞いて驚くなという話になるが、 「巣」、ロシア語のгнездоは私の計算としてはポーランド語ではgzązdoになるはずなのに(ですよね?)実際に現れる形は素直にgniezdoで、なぜか /n/ がしっかり保たれている。ここの音声環境の違いは先行する子音が [+ voiced] か [- voiced] かだけだ。

 なぜだ。

 そして実はポーランド語もその他のところでは「印欧語の/n/は安定している」の原則を保持している。ロシア語のн (n) とポーランド語のnが対応しているのが見えるだろう。

ロシア語 - ポーランド語
гнилой   -  zgniły (腐った)
гнать     -  goniać (追い立てる)
гнуть     -  zginać  (曲げる)
ночь     -  noc   (夜)
внук    -  wnuk   (孫)

面白いことにzginaćの完了体動詞はzgiąćで、鼻音子音n自体は消失して[+ nasal] という素性を後続母音に残している。ą は鼻母音だ。この z は本来接頭辞だから、zgiąćは形としてはむしろロシア語のсогнутьの方に対応しているのだろうか。さらに ą は [a] でなく [ɔ] の鼻音だから、ロシア語の /u/ 対古教会スラブ語の /õ/、例えばмудрость (ロシア語、「賢さ」) 対 mõdrosti (古教会スラブ語、「賢さ」) の対応と完全に平行している(『38.トム・プライスの死』参照)。

 ついでに「雪」は

снег (ロシア語) - śnieg (ポーランド語)

だから、ポーランド語で [n] は先行子音の上に同化現象を誘発してs を[+ palatal] とさせ、ś に変化させているわけだ。

 本来ことほど左様に力の強い鼻音歯茎閉鎖音がknの時に限って、しかもポーランド語に限って ks となるのは何故なのだろうか? 気になって仕方がなかったのでポーランド語の音韻に関する本を借りてきて見た。Zdzisław Stieberという人の"A historical phonology of the Polish language"という本で、1973にハイデルベルクで出版されたものだが、モロ命中したのでちょっと紹介させてほしい。ここの50~51ページに次のような説明がある。 時々字の上についている「'」という印はその音が口蓋化されている、という意味でわざとついているのであって印刷のシミなどではない。

1.12世紀か13世紀にかけて古ポーランド語で kn' が kś に変化した。ただし*kъnęzь及び*kъnęgaの2単語に限られる。kъnęga (古教会スラブ語ではkъn'iga)の ę が鼻母音になっているのはおそらくkъnęzьからの類推。 

2.1204年にトシェブニッツァ(Trzebnica、ドイツ語ではTrebnitz、トレブニッツ)で書かれた文書ではまだKnegnichという地名が見える(現代ポーランド語ではKsięgnica)。

3.1232年の資料ではCnegkenitsと記録されていた地名が1234年にはGzenze、1298年にはXenze、1325から27年にもXenze。これは現ポーランドのKsiąż Wielkiである。

4.この音韻推移は古カシューブ語も被っていたことが、ksic (神父)という語に認められる(その単数属格形はksëzaで、ポーランド語の ę との対応がカシューブ語に特徴的)。

5.ポーランド語、カシューブ語以外ではkn' → kś という音韻推移は確認されていない。

6.一方ポーランド語内部でさえもこの推移が完全には浸透しなかったことが、1953年の「古ポーランド語辞典」にknieja(森の一部)、kniat(マリーゴールドの一種)などの語が報告されていることからもわかる。前者は14世紀の終わり、後者は15世紀に記録されたものである。

7.カシューブ語の方もknižka,、knëg、knéga、 knigaという形が最近になるまで残っていた。

8.kn' が kś に代わった原因は無声音 k の後で n' が無声化し、それに伴って音価が弱まったためであろう。ポーランド語では無声のr, m (m'), n, n', l, l' は発音が弱まるからである。

 1で述べられている「司祭」と「本」の2例を全く人の手を借りずに最初から自分で思いついた私はひょっとして言語学の才能があるのではないかと一瞬思いそうになったが、せっかくその例を思いついておきながらこれを単純にも /n/ 対 /s/ という音韻推移だと解釈したことで、そもそものスタートからハズれていたことがわかり、むしろ「私は才能がない」ことが暴露された感じ。これは /n/ 対 /s/ の対応ではなくて /kn' / 対 /ks'/、つまり口蓋化された n から口蓋化された s への推移だったのだ。もしこれが口蓋化されていない普通の -n だったらこの推移は起こらなかったかもしれない。さらにこの本の著者は私が上でわからないわからないと大仰に騒ぎ立てたgniezdoの謎もしっかりかつあっさり説明してくれている。「無声のソナント」というのが私なんかはちょっと想像を絶する。月並みな言い方だが、やはり専門家は違う。


この記事は身の程知らずにもランキングに参加しています(汗)。
 人気ブログランキング
人気ブログランキングへ